インフォメーションInformation

遺言がある場合とない場合でどう違うか?

遺言があれば、それが有効である場合には、基本的には遺言の内容に従った分け方をします。もっとも、遺言の内容によっては、遺留分(最低限の取り分のようなもの)を請求できる相続人がいる場合もあります(期間制限がありますのでご注意ください)。

遺言がなければ、相続人間で話し合って遺産の分け方を決めます。

  1. 記事一覧に戻る
ページの先頭へ